フリードのシートアレンジをチェック自転車は乗せることができる?

フリードシートアレンジと自転車積載

「ミニバンはやっぱりシートアレンジ気になる部分なんだよなあ」

フリードはコンパクトなサイズだけど自転車載せれるのかな」

ホンダのフリードは全長4265mm、全幅1695mmとコンパクトなサイズです。3列シートのクルマは、乗員や状況に合わせてシートをアレンジすることができます。

ここでは、フリードのシートアレンジや使い勝手について詳しく調べてみました。

下取りには必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず
一括査定サイトを使うこと!!

ディーラーでは30万円だった下取りが
買い取り業者では70万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで
最大10社の大手買取業社が

あなたの車の買取り価格を
競ってくれるため
結果的に価格が吊り上がります。

フリードのシートアレンジ

フリードはコンパクトなサイズでも室内空間が広く、多彩なシートアレンジができます。

フリードは2列目シートが1席ずつに分かれたキャプテンシートかベンチシートによって、シートアレンジに違いがあります。

2列目がキャプテンシートのアレンジパターン

フリード1列目2列目シートアレンジ
キャプテンシートの1列目と2列目のアレンジ

1列目と2列目をつなげて、道の駅なんかで休憩

2列目と3列目をつなぐこともできます。フルフラットに近くゆっくりくつろげます。
キャプテンシートはそれぞれスライドとリクライニングができます。

2列目がベンチシートのアレンジパターン

2列目がキャプテンシートの場合は、2列目のシートをスライドすることができます。
3列目シートを跳ね上げてラゲッジを広く使うことができます。

フリ―ド2列目のシートアレンジ

フリードベンチシート1列目2列目アレンジ
ベンチシートの1列目2列目アレンジ
フリード2列目3列目のシートアレンジ
2列目と3列目のシートアレンジ

2列目のキャプテンシートは、6:4分割可倒式で6:4分割でシートをスライドリクライニングすることも可能です。

ベンチシートの方がキャプテンシートよりフラットになります。

フリードのラゲッジ最大

フリードのベンチシートはタンブルシートになっているので、シートを前方に跳ね上げて広いラゲッジスペースをつくることができます。

ベンチシートは6:4分割でどちらか片方だけ跳ね上げることもできます。

ベンチシート(タンブルシート)はフリードのグレード「HYBRID B」「G」以外のFFに設定されています。

ラゲッジを広く使いたいなら、キャプテンシートよりベンチシートのほうがよさそうですね。

フリードの3列目のシートアレンジ

フリード3列目のシートアレンジは、跳ね上げることでラゲッジスペースを広く使うことができます。

シートは5:5分割になっているので、半分だけ跳ね上げてもう片方に乗車といったこともできます。

フリードは自転車を載せることはできる?

フリードはボディサイズはコンパクトでも広い室内空間によって、様々なシートアレンジができます。

ラゲッジ開口部の地上高が低く開口部が高いので、自転車も載せることができます。

フリードのラゲッジ最大

ラゲッジのテールゲートがワイドで高さもあるから、自転車を立てたまま載せることができます。

開口部の高さ:1,110mm、開口部最大幅:1,080mm、開口部地上高:480mmとなっているので、自転車でも簡単にラゲッジに持ち上げることができます。

6人乗りに乗せる場合

6人乗りキャプテンシートなら2列目シートをそのままでも載せれるのは良いですね。

自転車で通学している子供を、雨の日にむかえに行くときなんか雨の中でも自転車をスムーズに載せることができます。

ドライブで行った先でも自転車を楽しみたいなら

フリードはラゲッジに自転車を積むことができますが、自転車を積んでしまうとラゲッジを有効に使うのは難しいです。

あくまで、もしものときに乗せることができるといったところです。

なので、家族でドライブで行った先でも自転車を楽しみたいなら、自転車用のキャリアを使いたいところです。

自転車キャリアはクルマの背面に取り付けて、3台まで積むことができます。

自転車キャリアを使えばラゲッジを有効に使えて、車内を汚すことなく自転車を積んでドライブができます。

これなら家族でフリードにのってドライブ先でも自転車を楽しむことができます。

家族4人で1台づつ自転車を運んでいきたいなら、ルーフキャリアをプラスすれば合計4台の自転車を運んでいけます。

フリードでこのルーフキャリアを使うならベースキャリア用バーセットが必要になります。

ルーフレールを装備していないフリードでもこのバーセットの金具なら装備することができます。

すこし大掛かりなことになりますが、家族で自転車を楽しむなら持っていたい装備ですね。

フリードのシートアレンジについてのまとめ

フリードのシートアレンジは6人乗りと7人乗りによって、2列目の使い勝手がかわってきます。

キャプテンシートの方が、3列目にもウォークスルーで移動することができるので、3列目シートをよく使うなら6人乗りがいいと思います。

フリードはラゲッジ開口部の最低地上高が低いので、自転車を載せることが簡単にできます。

6人乗りでも7人乗りでもシートをアレンジすれば自転車を載せることができるのは、フリードの魅力の一つといえます。

 

フリード+の比較

フリードとフリードプラスの比較|荷室や価格装備の違いを調べてみた

新車を値引き金額からさらに50万円以上安く購入する方法とは?

「中古車より新車がいいな」

「新車がいいけど…価格高っ!」

「できればHYBRIDでグレードも上が買いたいけど…」

「値引きで安くできるといいんだけどな…」

「値引き交渉にがてなんだよなあ」

「頭金入れてローンなら何とかなるか…」

などと新車の購入を
検討していると悩みは尽きません…

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえないし

聞いてもらったところで
欲しい車が買えるわけでないし…

そんな方におすすめの裏技を
紹介します。

下取りは必ず一括サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円だった下取りが
買取業者では70万円になることもあります。

一括査定サイトを使うことで、
大手の下取り会社が最大10社
あなたの車の買取り価格を
競ってくれます。

結果的に価格が吊り上がります!

商談の前に一括査定で愛車の価値をチェックしておきましょう。